2012年11月12日

上達の秘訣。

僕は何でも練習する時、イメージを大切にします。上手く行かない時はこのイメージが足りないか無いかなんですね。なんでもいいんですが、ここでは僕が現在最もハマっている遊び。ゴルフを例にとってみましょう。

練習場へ行きます。

打席に立って素振りしています。ここでイメージを湧かす準備をします。体を十分に動かして間接をほぐしていきます。そしてボールを打ち始める訳です。

まずはイメージです。どういったイメージを持って打っていくかによって練習内容の濃さが変わってきます。1球の価値ですね。特に一人での練習というのは非常にストイックになりますから、このイメージが大切です。

目を閉じて、自分を俯瞰から見て下さい。

見えましたか?それでは打席の後方にある椅子に集中して下さい。

誰がいますか?

そう。イメージです。集中するんです。

そう、ベッキーです。ベッキーが座っています。勿論自分の好きな女の子でも構いません。

どうですか?イメージ出来ましたか?

何度も言うようですがイメージが非常に大切です。

ここからが練習です。

「じゃあ30ヤード狙ってみるよ」つって。

「ほんとにー?」つって。

パシッ

「すごぉーい!」つって。

「誰にだってできるよ」つってね。言うわけ。

「じゃあ今度は50ヤードね」つって。

「えーとおいよー」つって。

パシッ

「えぇーあたったぁーすごっぉーい!」つってね。ベッキーは言うわけ。

で、「うまいひとってカーブとかできるんでしょー」つって聞くもんだから。

「アハハ、それはね、ドローボールって言うんだよ。」つってね。言うわけ。

パシッ

「まがったぁー!」つって。

「反対はね、フェードボールって言うんだよ。」つって。打つわけ。

パシッ

「ほんとだーすごぉーい!!」つって。ベッキーは言うわけ。

「高い球と低い球も僕は打てるんだよ。」つって。

パシッパシッ

「ひくーい!たかーい!」つって。驚くわけ。

「風の強い日はね、低い球で攻めるんだよ。」つって。

「ゴルフが上手な人ってかっこいいー!!」つって。言ってくれるわけ。

ベッキーは明るくていい子だから。言ってくれるわけ。



非常に自分を追い込んでいく練習方法なので、慣れていないと声になって出てきてしまいます。ここが一番注意するポイントですね。あとコーヒーはいつも通り1本で構いません。

「さあ今日は誰と練習しようかな?」なんて楽しみも増えてきますね。

これであっという間に100切りです。

色んなスポーツに有効なこの練習方法。


是非お試しください。


では後ほど。


posted by Yoshitaka Ota at 01:41| Comment(1) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぜひ、ミスターY氏を倒してください。
Posted by バンケン at 2012年11月18日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。