2011年09月28日

ストロングミヤギ!!

ストロングミヤギは始動しております。

僕の友人を中心とする、宮城県に住む方々へ向けた活動です。

0top02.jpg

「1人の力でも、集まれば大きな元気の源になります!」

震災から半年が過ぎた今でも、たくさんのボランティアの方が県内で活動されています。
私達も沢山のボランティアの方と交流を持ち、また手伝っていただきました。
中には、大きな団体でなく1人でも「被災地の役にたってみたい」と考える方もいらっしゃると思います。
そんな方々のお気持ちを無駄にしないように、私達がコーディネートさせていただきます。

「私たちの住む町、宮城県!私達が元気にします!」

仮設住宅や借り上げ住宅に入居される方が多くなり、大規模避難所がどんどん閉鎖されていっています。
しかし、最低限の生活必需品しかない仮設住宅での生活は、耐え難いものでもあり、肉体的にも精神的にも辛い生活であるのは、避難所暮らしの時となんら変わりはありません。
「仮設に当たってよかったね」というのは、その時だけの話です。仮設住宅の利用期限は2年間です。仮設住宅はあくまで仮の住居であって、最終的には避難された方全員が元の生活の環境に戻れる事が『復興』であると考えます。


私達はそんな生活を強いられたみなさんに、時同じくして被災した宮城県民として、少しでもお役に立てればと思い色々な活動を始めました。
私達「ストロングミヤギ」だけで出来るとはけっして思いませんが、
「私たちの住む宮城県!私達が元気にします!」をモットーに、元気で粘り強い県民性を最大限に振り絞り、1日でも早い復興に尽力していきます。



先日も名取の仮設住宅へワールドハートプロジェクトの皆さんとお邪魔してきました。元気な子供達が沢山居て楽しかった!!可愛い笑顔が沢山見れて嬉しかったです。短い時間しかお邪魔出来なかったけれども、また行きます。今度はどんな事して遊ぼうかな??楽しみです。


「ストロングミヤギ」

応援よろしくお願いします。


ストロングミヤギ http://www.strongmiyagi.com/index.html

では後ほど。

posted by Yoshitaka Ota at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねー。
ボランティアの力も大事だけど、やっぱりそこに暮らす人の強い気持ちが
コミュニティを町をつくるんですよね。

住民の方々が意志をもって活動する時、ボランティアは、その底支えになれたらいいなーと思います。


とゆーわけで、近々 宮城県に伺うことになりましたっ m(_ _ )m
Posted by ミナト at 2011年10月09日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227853686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。