2011年09月09日

放射能についての説明会に。


家のメッシが通う小学校へ、放射能に関する説明会があったので行ってきました。

東北大学大学院理学研究科化学専攻教授の工藤博司博士が来られて、放射能について色々お話しして下さいました。

放射性物質とは?その種類とは?という事をご説明されたうえで、工藤博司先生がおっしゃるには、

「100mSv/yまでは科学的に人体への影響はありません」

「放射能は身近なものです」

「高線量地域。20mSv/yまでの地域では十分生活出来ます」

「そういった地域でも、いつも通り子供も外で遊んで問題ありません」

こういった内容のお話でした。

正しく放射能について理解して頂きたい。という事でした。

放射線測定器の「べーたちゃん」や「あるふぁちゃん」を使用し、腐葉土やお米等のベクレル数を計測したりし「放射線は生活の中で沢山あるものなんです」という説明を受けました。

確かに、放射能は身近な所に沢山あると思います。温泉だってそうだし、レントゲンだってそうだし。

僕は山へ滑りに行く時、やはり注意を払い行動します。色んな方に教えて頂きながら行動しますが、一種の危機管理です。危険からは出来る限り遠ざかります。でも、その危険を承知したうえで、あえて向かう事もあります。でもこれは自分の欲から出る自己判断です。

この放射能の問題はそういった事ではないと思います。どちらかと言うと押し付けられた危険だと思っているんです。

だから、「科学的に100mSv/yまでは何の問題もありません。」こう説明されても一方では「20mSv/yでは高すぎる」という説明をされている専門家の方も居られます。放射能についての影響はこの時代になってもはっきりと明言出来ないものなんですね。

工藤博司先生はこうも言っておられました。

「100mSv/yという数値は科学的数値」
「1mSv/yという数値は社会的数値」

「皆様それぞれでご判断ください。」

最後に、校長先生は「学校としては1mSv/yを基準とします」とおっしゃっておりました。

信じられる事と信じられない事。今は沢山あります。

では後ほど。


posted by Yoshitaka Ota at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心中お察しします。
いつもそうですが、「最後は自分で判断して決めるしかない」のでしょうね。
Posted by Tosh1040 at 2011年09月09日 21:30
ヨッシー君おひさしぶりです。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
放射能については知識や環境の違いでそれぞれの受け取り方が違いますね・・。
僕はどちらかと言うと 大丈夫でしょ とゆう考えでした(すいません浅はかです)。
しかし、この問題を疑問視せざるを得ないことが最近起こりました。
東京在中の義理の弟夫婦が放射能から子供を守るために沖縄に数年移住する事になったのです。
長男3歳、長女1歳五ヶ月で、奥さんが心配で心配でたまらないらしく、移住を決断したらしいです。
僕の家の娘とほぼ同じ年の娘さんを心配しての決断らしいです。
愛知も東京と同等程度の放射能は計測されています・・・。
・・いいのかこのままで?
沖縄以外の子供は問題あるの?
てゆうか、心配しすぎじゃないの?
色々な気持ちや考えがよぎりましたが、否定も肯定もできない 個人の判断で決めればいい
が、いまのところ ひねり出した考えであります。
なかなか言えないのですが、この環境で生きるしかないのだから知らないほうがいい・・・と考えている自分を知って少し情けなくはなりましたね。

全くの個人感ですが、他のマイミクさんも放射能系の話が出ていましたので、書いてしまいました。
すいません。
今は毎日一生懸命仕事して家族とたくさん笑って過ごせるように過ごしています。

仕事中、可愛い子供がいると 宝がいると心でつぶやいています。
早く安心できる日本になるといいですね。

Posted by シンタ at 2011年09月09日 23:43
Tosh1040

ありがとうございます。ダイジョブです!!
僕も自己判断だと思います。でも自己判断せざるを得ない状況には腹が立ちます。

シンタ

僕も、大丈夫なのかな?な自分と、大丈夫だ!っていう自分が居ます。実際線量を測っていると0.08~0.1μSv/hと深刻な数値ではないので、長い休みには京都へ戻ったりしながら、食べ物にも気をつけながら生活しています。避難する判断はほんとうにそれぞれですよね。僕もこれ以上に線量が高くなったら・・・という基準は持っていて、それは家族にも話しています。あまり神経質になりすぎるのもいけないと思うので、遊ぶ時は遊んでいます!!それだけは得意ですから(笑)
分からない事だらけですが、大丈夫です!!
Posted by Yoshitaka Ota at 2011年09月10日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。