2011年09月28日

ストロングミヤギ!!

ストロングミヤギは始動しております。

僕の友人を中心とする、宮城県に住む方々へ向けた活動です。

0top02.jpg

「1人の力でも、集まれば大きな元気の源になります!」

震災から半年が過ぎた今でも、たくさんのボランティアの方が県内で活動されています。
私達も沢山のボランティアの方と交流を持ち、また手伝っていただきました。
中には、大きな団体でなく1人でも「被災地の役にたってみたい」と考える方もいらっしゃると思います。
そんな方々のお気持ちを無駄にしないように、私達がコーディネートさせていただきます。

「私たちの住む町、宮城県!私達が元気にします!」

仮設住宅や借り上げ住宅に入居される方が多くなり、大規模避難所がどんどん閉鎖されていっています。
しかし、最低限の生活必需品しかない仮設住宅での生活は、耐え難いものでもあり、肉体的にも精神的にも辛い生活であるのは、避難所暮らしの時となんら変わりはありません。
「仮設に当たってよかったね」というのは、その時だけの話です。仮設住宅の利用期限は2年間です。仮設住宅はあくまで仮の住居であって、最終的には避難された方全員が元の生活の環境に戻れる事が『復興』であると考えます。


私達はそんな生活を強いられたみなさんに、時同じくして被災した宮城県民として、少しでもお役に立てればと思い色々な活動を始めました。
私達「ストロングミヤギ」だけで出来るとはけっして思いませんが、
「私たちの住む宮城県!私達が元気にします!」をモットーに、元気で粘り強い県民性を最大限に振り絞り、1日でも早い復興に尽力していきます。



先日も名取の仮設住宅へワールドハートプロジェクトの皆さんとお邪魔してきました。元気な子供達が沢山居て楽しかった!!可愛い笑顔が沢山見れて嬉しかったです。短い時間しかお邪魔出来なかったけれども、また行きます。今度はどんな事して遊ぼうかな??楽しみです。


「ストロングミヤギ」

応援よろしくお願いします。


ストロングミヤギ http://www.strongmiyagi.com/index.html

では後ほど。

posted by Yoshitaka Ota at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

放射能についての説明会に。


家のメッシが通う小学校へ、放射能に関する説明会があったので行ってきました。

東北大学大学院理学研究科化学専攻教授の工藤博司博士が来られて、放射能について色々お話しして下さいました。

放射性物質とは?その種類とは?という事をご説明されたうえで、工藤博司先生がおっしゃるには、

「100mSv/yまでは科学的に人体への影響はありません」

「放射能は身近なものです」

「高線量地域。20mSv/yまでの地域では十分生活出来ます」

「そういった地域でも、いつも通り子供も外で遊んで問題ありません」

こういった内容のお話でした。

正しく放射能について理解して頂きたい。という事でした。

放射線測定器の「べーたちゃん」や「あるふぁちゃん」を使用し、腐葉土やお米等のベクレル数を計測したりし「放射線は生活の中で沢山あるものなんです」という説明を受けました。

確かに、放射能は身近な所に沢山あると思います。温泉だってそうだし、レントゲンだってそうだし。

僕は山へ滑りに行く時、やはり注意を払い行動します。色んな方に教えて頂きながら行動しますが、一種の危機管理です。危険からは出来る限り遠ざかります。でも、その危険を承知したうえで、あえて向かう事もあります。でもこれは自分の欲から出る自己判断です。

この放射能の問題はそういった事ではないと思います。どちらかと言うと押し付けられた危険だと思っているんです。

だから、「科学的に100mSv/yまでは何の問題もありません。」こう説明されても一方では「20mSv/yでは高すぎる」という説明をされている専門家の方も居られます。放射能についての影響はこの時代になってもはっきりと明言出来ないものなんですね。

工藤博司先生はこうも言っておられました。

「100mSv/yという数値は科学的数値」
「1mSv/yという数値は社会的数値」

「皆様それぞれでご判断ください。」

最後に、校長先生は「学校としては1mSv/yを基準とします」とおっしゃっておりました。

信じられる事と信じられない事。今は沢山あります。

では後ほど。


posted by Yoshitaka Ota at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

アキフミちゃん。

あら〜お久しぶり〜あんたら元気してはった〜ん?

なんや長い事みいひんかったらあんたら随分シュッとしはったな〜。

おばちゃん?おばちゃんはもうあかんよ〜。見てこれ。触ってなこれ。な〜。えらいこっちゃ〜ほんまよ〜。


あ、そうやわあんたら知ってた?平岡さんとこの。
そう、あの子。アキフミちゃん。
トヨタの。そうクルクルしてたあの子。
ほんまあれどうやってはんのやろね〜?目ぇまわらへんのやろかね〜。おばちゃん不思議やわ〜。

え?

おしりの。そう、出てる子よ〜。

あの子がなんやしたはるみたいよ〜。

え?

違うわよあんた、それ捕まるやないのあんたそれ。

え?なんて?

せやからそれも捕まるやないのあんたほんま、たいがいにしときやあんたほんま〜。


違うのよあんた、あの子なんやおもしろい事やらはるみたいよ〜。

え?どこでて?

千葉県やてあんた。デズニーランドあるとこやわ。おばちゃん行った事あるねんで。

メッキーいうてな、いるんやで。こんな、こんなやつや。ずっと手袋してはんねん。蒸れるわ〜あれ〜。


ほんま何やらはんにゃろな〜?
アキフミちゃんとこに書いてあんのとちゃうかしら。あの子マメさんやから。

え?

お豆さんとちがうわよあんた、あんたほんまマンガやな〜。

あ。ほなおばちゃん買い物行ってくるわ〜。

今日あそこの角のスーパーな、おネギ安いねん〜。

ほなおきばり〜。


アキフミちゃんホームページ。http://sbn.japaho.com/sbn/blog/akihiraoka/blog.html
posted by Yoshitaka Ota at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | My Voice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする